MENU

 随分長い間、童貞生活を続けているのですが、どうやって卒業すればいいのか分らないぐらいの状態に置かれていました。
一番の原因となるものはやはりブサメンだからという事もあるでしょう。
性格が明るいとか、楽しい人間だと言った取り得もありませんから、女の子から好かれるような事がなかったしする存在なのです。
恋人も全然作ることもできないし、かと言って風俗に出かけるような気持ちにもなることができず、結局のところ童貞生活を続けていたのです。
もちろん童貞であることは決して良いことではないっていうのも分かってたし、僕としては早めに経験して卒業したいという気持ちは常に持っていたものの、その方法がまったく分らなかったのです。
それとひとつ、高校時代からの友人がいるのですが、彼も僕と同様にまだ経験していない男でしたので、何となく安心感を持っていたのかもしれません。
同じような境遇の人間がそばにいる、それだけでも焦りを何となく誤魔化せるような気がしていました。
しかし、そんな友人が僕より先にセックスを経験することになっていきました。
この話を聞いた時、まさか非モテな彼に恋人でもできたのかと思ってしまったのです。
または風俗などで初めての経験をすることに成功したのか、そう考えたのですが、そのどちらもハズレだったのでした。
見知らぬ女のこと知りあって、その子の肉体を使って初めての経験をすることに成功できたと話てきたのでした。
どのようにして知り合ったのかと言うと、神待ちだと言うのです。
家出して困っている女の子を助けた結果、お礼としてエッチさせてもらうことに成功し、無事童貞卒業することができたと言ってきたのです。
相手の探し方としては、家出掲示板を使うのではなく、出会い系サイトを利用すればいいと教えてくれました。
家出女性を安全に見つけ出すことができるために、この方法でセックスを楽しむことができるようになったと言うのですからね。
だったら僕も神待ちという女の子を見つけて、初めての経験をしなければいけないって思いました。

 

 家出中の女の子を助けてあげることで、お礼にセックスが可能であるというのはとてもオイシイ話に思えたのです。
これなら僕も初体験をすることができる、今一人暮らしだし相手と知り合うことできたら連れ込んで一発やる事できるって思っちゃったんです。
家出している女の子は緊急性が高いので、とても出会いやすい存在だと言う事も教えてもらったのです。
出会い系を利用することで、神待ちの相手と知り合うことができるのならと利用していく事にしたのでした。

 

 

名前:翔一
性別:男性
年齢:28歳
プロフィール:
 世の中信じられない事が起こるものだな、そう思った瞬間がありました。
僕と同様にずっと童貞を続けてきた高校時代の友人が、何と僕より先に初体験を済ませることに成功したらしいのです。
しかもその相手は恋人でもないし、風俗嬢でもないのです。
素人の見知らぬ女の子を助けてあげたことから、肉体関係に発展したらしいのです。