MENU

 彼女がいるという場所までバス移動してみたのですが、相手からすぐ連絡が来て会うことができてしまったのでした。
見た目はすごく普通な感じの19歳、こんな感じの女の子まで家出して助けを求めるのかって感じでした。
「あの…すごくお腹すいちゃってて…」
「それじゃなにか食べていこうか」
「はい、お願いします」
すぐ近くにあった、な◯卯に入って大盛りのカツ丼をごちそうしてあげたんですけど、激しい勢いで食らいついていました。
「昨日から食べてなかったんですよね」
「それじゃもう1杯ぐらい」
再度注文して食べさせてあげたのでした。
これでやっと安心した顔になった彼女を自宅のアパートに連れ込んだのです。
途中で下着などの着替えなども購入してあげて、風呂にも入らせてあげました。
女の子と2人きりなんてシチュエーションをはじめてでしたから、僕の方が緊張してしまっていたかもしれません。
そして、運命の瞬間がやってきたのです。
こらえきれずに彼女の体を触ってみたですが、嫌がる様子を見せなかったのでそのままエッチを始めてしまったのです。
神待ちの女の子はお礼にセックスができる、これは本当のことだったのです。
無事に彼女のオマンコの穴に勃起したチンチンを挿入することができてしまったのでした。

物凄い感動と興奮が襲ってきて、その日はなかなか寝つくことができなかったのです。
金曜日の夜に彼女を宿泊させ、結局月曜の朝まで一緒に過ごしその間セックスたくさん楽しんでいきました。
家出中の神待ちしている女の子だったら、間違いなくセックスが可能なのが分かって、これから出会い系を使ってたくさん出会いを探していく気持ちになっていきました。
教えてもらった出会い系サイトだったら、安心して探すこともできるし、家出中で困ってる子も確実にいるのです。
出会いまで面倒な駆け引きもなく、相手もお礼のことは承知しているのであっさりセックスができる相手、これで当分楽しむことができるなって考えるだけでもニヤけ顔が止まりませんでした。